妊活

妊活セルフシリンジ法のコツとやり方【まとめ】

妊活していると、自宅で出来るセルフシリンジ法が気になったため、やり方と妊娠しやすくなるコツをまとめました。

「不妊治療始める前に、シリンジ法やってみたら良いよ」医師も薦める安全な方法

タイミング法をやっていると、仕事の都合でタイミングが取れないとイライラしてしまったり、仲良しすることを言い出すのが嫌になったりしないでしょうか。わたしは、今月はいつだよと言うことに疲れてしまったことがあります。毎月のことなのに、旦那さんではなく私が主導でやっているようで、旦那さんはもっと協力するべきなのにしてくれない。。とか考えていました。疲れて帰ってきて、それからタイミングを取るなんて、考えただけでぐったりしてしまいます。そういう時に、セルフシリンジ法は、お互いの体力も無駄にせず、でも月に一回しかない排卵日にやるべきことができるすごい方法です。

私は今年38歳にあることもあり、医師からは不妊治療を急ぐように言われましたが、30前半や20代であれば、タイミング法にシリンジ法プラスして、できるだけ妊娠の確率を高めるように勧める医師もいるようです。「数うちゃ当たる」ではないですが、排卵日の周辺でどれだけセックスができるか、それができなければシリンジ法で子宮内に精子をいれても同じことになりますね。

口コミから集めた説明書にはない、でもみんなが実践していること

シリンジキットやプレスメントには丁寧な説明書がついているようですが、妊娠の確率を上げるために、実践したことに共通点が多かったので、メモとして残します。
・膣内に注入後、30分は腰を上げて横になる
・射精は毎日でないほうが良い
・良質な精子、卵子のためサプリメントを摂取
・膣内のPH(酸性レベル)はゼリーで調整

シリンジ法に限らず、精子が膣の奥に向かうようにということで、腰を上げて横になるという理論。それから、シリンジ法でも毎日射精して注入しないほうが、濃度としては薄まらないようです。シリンジ法は、卵子に精子が届きやすくなるということですが、逆に本来なら卵子にたどり着けないような弱い精子も、卵子までたどり着く可能性もあります。良質な精子あれば、たどり着く精子の数も増えるので、そのためにサプリメントを取りながら妊活しているのは納得です。膣内のPHを気にする方は、PH濃度を調整するゼリーを利用するという方法もありました。適度なアルカリ性にして、精子が生き残りやすい環境にすることができます。

シリンジ法のタイミングの取り方は?

シリンジ法のタイミングの取り方は、タイミング法(通常にセックスにて妊活する)と変わりません。それがセックスなのかシリンジなのかという違いだけです。排卵日の把握が必要になるので、排卵検査薬を使うことになります。排卵検査薬を使っても排卵日がきちんと把握できない場合は、生理終了後に、2日に1回シリンジ法にて妊娠する確率を上げるという使い方ができます。

ABOUT ME
もも
結婚生活4年目。タイミング法2年間、不妊治療2019年9月開始。検査の結果、人工授精は難しく顕微授精をすすめられる。2020年1月採卵。38歳の社会人。