不妊治療

顕微授精が決定となりました

産婦人科における私と旦那さんの身体検査が終わりました。
全ての検査が終わるまでに、3ヵ月。
2ヵ月くらいで終わると思っていたのですが、
卵管造影検査を他病院で受けりして、結果3ヵ月かかりました。

・血液検査1回
・血液検査1回(生理中)
・卵管造影検査
・クラミジア抗原検査
・超音波検査
・卵胞ホルモン検査
・黄体ホルモン測定

ひとつ失敗だった点は、
生理中しか検査できない血液検査について
基礎体温が高くて実施できなかったことがあります。
これだけで検査が1ヵ月後に。

基礎体温が高いと妊娠してる可能性があり検査延期になりましたが
仲良しタイミングがないのでそれはあり得ませんでしたが
それを医師へ伝えなかったので1ヵ月待ちとなりました。

なんで言えなかったのだろう。
言おうとしたけど、なぜか言葉が出なかったです。
1ヵ月も無駄にしたので、言っておけばよかったし
なぜ躊躇ったのか今でも謎です。

さて、以上の結果から
我々夫婦の不妊治療方針としては
顕微授精による妊娠を目指すということでした。

・タイミング法
・排卵誘発法
・人工授精
・顕微授精

いろいろすっ飛ばして最終手段と思っていた
顕微授精となったのですが
その理由は医師からしっかりがありました。
私たちの卵子と精子では、自然に受精が難しいということです。
そうなっては顕微授精しかないかと、結構すんなり受け入れました。

あれだけタイミングとっても妊娠しなはずだなぁって
妙に納得して、少しほっとしたのが正直なところです。
なんで出来ないのだろうって思っていたので
身体的に原因が出てきたので、原因がわかれば方法が明確になります。

身体的にも問題がないという結果になったときは
どのようにしただろうかと思うほどです。

顕微授精という治療方針が決まってからは
次のステップになるインフォームドコンセントの日程を決めたり
不妊治療の助成金について調べたりと、行動に移しました。
割と夫婦でもめることもなく、だったのですが
インフォームドコンセントの予約を取ったら
不妊治療を始めて授からなかったら、
辞めれなくなってしまうのではないかと
突然不安になって旦那さんに電話する事態に。。

今は夫婦二人の生活で不安もありませんが
子供がほしいと欲を出して望むことで
今の幸せな生活を、つらく感じるようになるんじゃないかと。

不妊治療を始めていらっしゃるご夫婦なら
みなさん同じような経験があるんでしょうか。。
両親、友人や会社にも伝えていないときは
どうしても相談するのは旦那さんだけになりますね。
さて、まだ始まったばかりだ!がんばろう~

 

 

ABOUT ME
もも
結婚生活4年目。タイミング法2年間、不妊治療2019年9月開始。検査の結果、人工授精は難しく顕微授精をすすめられる。2020年1月採卵。38歳の社会人。