妊活

海外製の排卵検査薬について、50以上の口コミをまとめました

海外製の排卵検査薬は、妊活でタイミング法やっていると国産検査薬が高いので、もっと良いもののないかなと気になりだしました。それから、妊活ブログや妊活ポータルサイトでも紹介されているので、気になってきます。これから海外製の検査薬購入を考えている方に向けて、50以上の口コミをまとめました。結構時間かかりました。。(*’▽’)

安いから買ってみたいと思うけど、違いがあるのかな?

口コミを集めたのは、以下の5つの商品です。
・DAVID(カナダ)
・wondfo(欧米)
・A-check(アメリカ)
・ラッキーテスト(アメリカ)
・秀児(Wondfoの中国向け製品)
・ドクターズチョイス(アメリカ)

機能性把握のため、LH値サージの検出感度(陽性反応の出やすさ)を図にしてみました。

======
↑↑↑↑↑↑↑
感度高め(ホルモン値低めの方にオススメ)

Drschoiseドクターズチョイス
wondfo・秀児
luckytest
A-check
DAVID
日本製品の排卵検査薬

感度低め(ホルモン値高めの方にオススメ) *多嚢胞性卵巣症候群の方
↓↓↓↓↓↓↓
========

LHサージの感度数値は、こちら。
・ドクターズチョイス20mIU/mL
・それ以外の海外製品25mIU/mL
・日本製品30mIU/mL
*25mIU/mL感度の4つは、感度が100%なのか否かの違いでこの順番にしてます(通販サイトより判断)

やっぱり日本製品の感度数値は高いんですね。排卵が近くなって、LH値が高くなってから陽性反応が出るということです。

結局買うなら、どれを買ったら良いんだろう。

日本製品と海外製品の機能性の違い、それから利用した方の口コミから、これ良いなと思った使い方をご紹介します。それは「日本製品と海外製品を同時に使う」ことです。例えば、uckytest(ラッキーテスト)を購入して、今使っている日本製品と一緒に使います。陽性反応が同じなのか、一緒なのか比較してみます。同じ結果が出たら、今までやってきたタイミング法の感覚もリセットしないで、検査薬だけ変える。スムーズに移行できます。

口コミの中には、ドゥーテストと同じような結果がでるのがluckytest(ラッキーテスト)だったという方もいました。ハイテスター、チェックワンと同時に使った方を見つけられず、標準的なluckytestから使い始めるのが良いのか、ほかが良いのかは多嚢胞性やホルモン値低いなどから判断しても良さそうです。

 

参考サイト
https://tentsuma-yonyon.com/wondfo-david-hikaku/(よんよんさん)
https://ameblo.jp/y0k0-51/entry-12570240552.html(y0k0-51さん)
https://ameblo.jp/hataraku-mamama/entry-12541541297.html(ワーワーワーママさん)
https://ameblo.jp/30mememe30/entry-12533917366.html(めめめさん)
https://matome.naver.jp/odai/2155990915050775701ネイバーまとめ

ABOUT ME
もも
結婚生活4年目。タイミング法2年間、不妊治療2019年9月開始。検査の結果、人工授精は難しく顕微授精をすすめられる。2020年1月採卵。38歳の社会人。